×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 top  季節の花見  癒しの古刹  旅行 
おでかけ るぽは、旅やおでかけに関する情報をルポルタージュ(現地報告)する旅のクチコミサイトです。

  大山崎山荘 oyamazakisanso
大山崎山荘の入口。

セミが鳴く真夏
にもかかわらず涼しい。
山荘までの
アプローチの道路。

個人宅の敷地内
ですよ!
見えてきた!
と思ったら休憩所。

中には自動販売機と
椅子・テーブルが
ありました。


着きました!山荘の本館と写真右は入口です。

山荘は、大正から昭和初期にかけて
実業家の加賀正太郎が造った洋館の別荘です。

1967年から所有者が転々と変わり、
その後不動産会社がマンションを建設しようとしましたが、
住民の反対運動が起こり、
最終的にアサヒビール社が天王山の景観を守るために
山荘を買い上げることになったそうです。
エントランスです。

クラシックで
すごく良い雰囲気。

ここで受付を済ませて
奥へ進みます。
館内では
美術・工芸品の展示が
行われています。

日程など詳しくはこちら

現在はガラスの器展が
行われています。
(2006 8/27まで)
テラスには食卓。
まるでホテルですね~

お金持ちの優雅な生活が
うかがえます。

こんな美しい食卓で
朝ごはんが食べたい!
お庭のひとつです。
アーチ状の外観が異国情緒を
漂わせています。
2階に上がります。
シックで木の温もりを感じる
階段には、
立派なステンドグラスが。
2階は展示品は少なめで、
お屋敷の様子を
じっくり眺めます。

ゲストハウスに近い
感じですね。
喫茶室もあり
バルコニーでも
ティータイムを楽しめます。

見晴らしが良く、
心地よい風が吹いてます!

アサヒビールなので
お酒にちなんだ
メニューが多い。
新館の入口です。
安藤忠雄氏の設計で、
中にはモネの絵が数点
飾られています。
中庭は本当に
日本ではないような
雰囲気です。

こんなところを奥様や友人と
語らいながら
歩いていたんでしょうね。


中庭から眺める山荘。
お庭もすごく広いです。
本当にきれいな所でした。
ブログ記事 : 大山崎山荘とガラスの器展
Data
住 所 京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3
アクセス 阪急電車京都線 大山崎駅下車 徒歩10分
JR京都線 山崎駅下車 徒歩10分
各駅から無料送迎バスあり(障害者・老人優先)
駐車場 なし
開館時間 10:00~17:00(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日) 臨時8/29・12/5
入館料 一般700円 高校500円 中学生以下無料 
身障者手帳お持ちの方300円
URL http://www.asahibeer-oyamazaki.com/

(おでかけスポット)

(京 都)
TOP PAGE季節の花見癒しの古刹| 旅 行 |

  プロフィール  このサイトについて  メール © 2006-2009 おでかけ るぽ All rights Reserved.