×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 top  季節の花見  癒しの古刹  旅行 
おでかけ るぽは、旅やおでかけに関する情報をルポルタージュ(現地報告)する旅のクチコミサイトです。



鳥羽水族館は、「古代の海」や「コーラルリーフ・ダイビング」など
生き物の生息する環境に合わせて12のゾーンに別れていて、
館内も広く見ごたえがあります。

マスオさんの同僚アナゴ君似?

変なおじさん

おめかしした奥様
↑上の三匹は特に目を
引いた魚。もちろん
正式名称じゃないですよ

←おなじみの魚たちも
たくさんいます
アシカショー
パフォーマンススタジアムで開かれるアシカショー!半野外になっているので少し寒かった(2/23)のですが、これが大人気で800席が満席になります。2頭のアシカがおねえさんの指示に従って色んなパフォーマンスをしてくれるん
です。輪くぐりをしたり、ジャンプをしたり、三輪車にまで乗ってしまう!この片一方がおねえさんの言うことに小刻みにうなずいてとってもおもしろいんです!なんかアニメを見てるみたい。
3/21~10/31 11/1~3/20
 9:30 10:00
10:30 11:30
11:30 13:00
13:00 14:00
14:30 15:30
16:00
これ、何だか分かりますか?よ~く見ると透明の糸のようなものでクモみたいに見えますね。

これは伊勢海老の赤ちゃんなんですよ!
(左)古代の海にいるオウムガイ
変わった泳ぎ方をしますよ。
アンモナイトみたいですね。
(右)錦海老。すごくきれいな色なんです!水色に金色の点々。臆病でなかなか出てきません。
スナメリ
鳥羽水族館のシンボルでもあるスナメリ。よく写真などで見ますよね!小型のくじらで、意外にも瀬戸内海や伊勢湾にいるそうです。水槽に手を当てると遊びに近寄ってくる子もいて愛嬌たっぷり!
アフリカマナティ
底に寝そべっていて時々いつも2頭で一緒に動き出します。といっても、ぷかぁ~と浮いてまた沈むだけなんですけど。写真では分かりませんがかなり巨大。世界中の水族館でもここににしかいないそうです。
ジュゴン
これが人魚のモデルになったジュゴン!どう見てもあの美人な人魚には見えませんが、なんか見ていておもしろいルックスですよね!たくさんの魚たちに囲まれてのんびりと泳いでいます。

イロワケイルカ
白と黒の模様が変わったイルカで、1987年に日本で初公開されたそうです。すごいスピードで泳ぎ回っていてめちゃくちゃ元気!

まだまだこんなのもいました


ラッパを思いっきり吹いているような格好のウィーディシードラゴン。
オーストラリア南部にしかいないリーフィーシードラゴン。
足先が白い海老のホワイトソックス
鳥羽水族館は珍しい生き物が印象的でとても見ごたえがあるおでかけスポットでした。
Data
住 所 三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
TEL 0599-25-2555
アクセス JR・近鉄 鳥羽駅から徒歩10分
伊勢自動車道 伊勢IC→伊勢二見鳥羽ライン 鳥羽 
駐車場 あり(400台) 2時間500円 以後30分毎200円
開館時間 321日~1031日/9:00~17:00
720日~831日は8:30~17:30
111日~320日/9:00~16:30
休館日 年中無休
入館料 大人2400円 小中学生1200円 3歳以上600円
60歳以上2000円
URL http://www.aquarium.co.jp/

(おでかけスポット)

(三 重)
TOP PAGE季節の花見癒しの古刹| 旅 行 |

  プロフィール  このサイトについて  メール © 2006-2009 おでかけ るぽ All rights Reserved.